2012年01月19日

冬の谷川岳トレーニング

谷川岳トレ1.jpg



フォレストのスノーシューチームのスタッフのみで、1月の谷川岳に登ることにしました。

メンバーは、のり、みや、おかぴ〜の三人です。

今回はただ登るだけではなく、様々なトレーニングも兼ねて行くことに。

装備は寝袋やテントなどはあえて持っていかず、通常のツアーの持ち物でやりくりする練習をします。

谷川岳は2000mに満たない山ながら、厳しい気象条件にさらされている山です。

みんな、緊張の面持ちで出発して行きました。
谷川岳トレ2.jpg



出発してから最初は、天神平まで谷川岳ロープウエイで登って行きました。

写真は天神平スキー場。ここから頂上に向けて、天神尾根の登山道へと入って行きます。

ここでは雪は降っていなかったけど、少し曇ってきました。



谷川岳トレ3.jpg



天神尾根の途中にある、第一の関門です。

ここは12月にもトレーニングで通ったのですが、前よりルートが厳しくなっていました。

傾斜がより斜めに、そして滑りやすさが増してます。

集中して下って行きます。



谷川岳トレ4.jpg



避難小屋を過ぎ、森林限界目前の地点です。

この後、風、雪ともに急に激しくなってきて、体があおられる強風が吹きます。何より寒い寒い!

そして森林限界を超えると、目の前から真っ白いガスが降って来ました。ホワイトアウトです。

視界が10mぐらいになってしまいましたが、実はこの体験もトレーニングでやりたいことでした。

谷川岳を多く登ってきたのりさんの指示の下、進んでいきます。



谷川岳トレ5.jpg



真っ白な中、肩の小屋まで頑張ってたどり着きました。

ここは谷川連峰の稜線。トマの耳ももう近いです。

ここは天気が悪いとさらに厳しくなるところらしいですが、小屋で少し休んでいると不思議なことに天候は回復傾向。

不要な荷物を小屋に置いてトマの耳を目指します!



谷川岳トレ6.jpg



見事なエビフライが!!

これはもしかして...。

トマの耳です!!!

ここまで大変だったので、かなり感動しました。

それではここからの風景を数枚。



谷川岳トレ7.jpg



ん〜!!

かっこいいです!



谷川岳トレ8.jpg



参加者の個人ショット。

上から

みや

のり

おかぴ〜です。



谷川岳トレ9.jpg



さて、肩の小屋に帰り、搬送法などの練習をしました。

そうしながら、夜を待ちます。

そう、今回は夜の部のトレーニングもあるのです。



谷川岳トレ10.jpg



夜の谷川岳肩の小屋より。みなかみの夜景がハッキリと見えます!

今晩は天気がいい。そして、果てしなく寒い...。



谷川岳トレ11.jpg



鬼気迫る表情のメンバーです。

この後、コンパスワークやロープワークをしながら下って行きました。



谷川岳トレ12.jpg



そして雪洞掘ってその中に泊まりです。

写真ともう一つの穴を一時間半位で掘りました。もうちょっと掘れればよかったかも。。

ご飯は非常食。

チョコにコンデンスミルクを混ぜたココア。ホームパイのタルタルソース和え(!!!?)などのメニューでした。

その他にも妙なものをとりあえず食べていたような印象があります。。


さあ寝ようと思うが、服を着込んでツエルトとエマージェンシーシートにくるまっても、寒い寒い。

ミヤだけ幸運にも爆睡(!?)できたようですが、のりさんとおかぴ〜は眠れず。三時間以上は耐え忍びました。

やっぱ、おおきな銀マットと寝袋があればなあと思いました。





その後、午前5:00位から歩きでロープウエールートも下り、三人無事にゴールできました!!



今回のトレーニングで、冬山の厳しさがどのようなものか、理解が進みました。

今後もし同じような状況になった時には、今回の教訓をしっかりと生かしたいです。

(同じような状況にならないような判断、工夫、装備はもっと大事です!!)




posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング・講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。