2013年01月30日

ウスタビ蛾

usutabiga.jpg
今日は冬の森でよく目に付く、この鮮やかなライトグリーンのウスタビ蛾について紹介したいと思います!!ウスタビ蛾はヤママユガ科で上部ががま口状に開き、下部に小さな穴があり、枝からマユをぶら下げる長い柄が特徴です!!
幼虫は春から夏にかけて長い3cmくらいのマユを作り、夏から秋には成虫の蛾になります。蛾の寿命は数日から長くても3ヶ月位って言われています!!蛾も子孫を残すために頑張ってますね〜。






posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。