2007年02月01日

セッケイカワゲラ

sekkeikawagera2.jpg
つい先日覚えた接写でこの写真をとりました。このコースでよく見かける「セッケイカワゲラ」です。えっ雪の中に虫がいるの!?そうなんです。このこは、すごい生き物なんです。この子の体温を測った人がいるのですが、昆虫なので気温が0℃の時は0℃で、-10℃の時は-10℃なんですが、手のひらに乗せて測ろうとするとケイレンを起こしてしまって動けなくなってしまうのです。そう、この子は寒いところでしか生きられないのです。ふつう僕らが知っている生き物とは、まったく逆の生活をしています。雪が解け始める前に卵を川底に生むのですが、卵からかえると1mmくらいなのですが、川底でじっとして春眠?夏眠!しているのです。そして、秋になって落ち葉が落ちてくるとそれを食べて大きくなって、雪が降ると雪の上にでてくるのです。

そして、雪の上で何をしているかというと、川の上流に向かってずっとテクテクと歩いているのです。そう、そうしないと下流下流へと行ってしまい。生きていけなくなるのです。すごいですね。おわり。




【動物観察の最新記事】
posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。