2016年02月12日

オオウバユリ

ooubayuri.jpg

先日の1dayツアー大峰沼コースで発見しました。
アケビの仲間??と思って調べてみると、「オオウバユリ」というユリ科の植物のようです。
春に種から芽を出し、始めは一枚葉で1年を過ごし2年目3年目と葉を増やし大きくなる。
6〜8年が過ぎた頃、150-200cmにも茎を伸ばし、蕾を作 り、一生に一度だけ開花し、一つの実に600個弱の種を作り、れて一生を終える。この時、地上部だけでなく百合根(鱗茎)も姿を消す。
子孫を残すため、 7年ほどもかけて鱗茎に蓄えた栄養を花茎・花・果実に使い一生を終える。
ちなみに種子には薄く角の丸い三角形の翼があり、ゆっくり回りながら風に飛ばされていくようです。

以上、オオウバユリの人生でした。

BYみに




posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。