2016年02月15日

タニウツギ

taniutsugi.jpg
冬に見る植物って、グリーンシーズンはいったいどんな姿をしているのだろうか。
ということで最近、ネットで調べて、植物のギャップを楽しんでいるワタシです。
すみません。ここからはマジメに解説はじめます。
山の「谷間」に多く生え、茎の中が空洞の木であるところから「谷空木(タニウツギ)」。
田植えの時期に、紅色のラッパ形の小花を枝にたくさん付ける。スイカズラ科タニウツギ属の耐寒性落葉低木。
写真の通り、ピンクで綺麗な花なのですが、実はこの花、あらゆる地域で別名をもっており、縁起の良い花では無いようです。
よく耳にするのは、別名で「火事花」と言われ、家に持ち帰ると火事になるという言い伝えが。。
津軽地方や秋田では、タニウツギを「ガジャシバ」と呼び、棺の中にガジャシバの枝を、死者の持ち物として入れていたこともあったという。
なるほど!! では最後に役立つ面を!!(笑)
タニウツギの花が咲き始めるとタケノコ(ネマガリタケ)が採れると言われていて、タケノコ採りの目安にしている地域や、ワラビ採りの目安にしている地方もあるようです。
別名で「タウエバナ」と呼ばれているのは田植え時期の目安にされているからです。

以上、「タニウツギ」のまとめでした(・v・)ノ

BY みに




posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。