2016年02月21日

ハンノキ

hannoki.jpg
今回は谷川岳山麓コースでよく目にする、「ハンノキ」をご紹介します!
全国の山野の低地や湿地・沼に自生し、湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木です。
良質の木炭の材料になるので、以前にはさかんに伐採されました。
材に油分が含まれ生木でもよく燃えるようです。
ちなみに、見た目がほとんど同じ「ヤシャブシ」という植物がありますが、見分け方は、雄花の柄のあるなしで、
ハンノキは「あり」、ヤシャブシは「なし」です。
アラスカで、山中で道に迷ったら、アラスカハンノキの葉を煮て食べると良いといわれているので、葉は食べられるかも?!
以上、「ハンノキ」のまとめでした!

BY みに




posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。