スノーシュー » ツアーブログ

2010年01月20日

ウサギの止め足

ウサギの足跡が、雪のフィールドでは、良く見かけます。
スキー場などで、リフトに乗っていて見た人も多いのではないでしょうか?

そんなウサギの足跡ですが、時々、進行方向へ行かなくて、突然なくなったり、別の方向へ行っていたり、来た道を戻ったりした足跡があります。

これを「ウサギの止め足」と言います。
何のために遣っているかというと、自分の敵である、テンやキツネを欺くため。
足跡を追われてつかまらないように、色々と工夫をしています。

この止め足は休憩に入る前にも使われています。

写真のものは、こんなので欺けるの?と思いますが、目線の低い野生動物ですから効果はあるといわれています。

厳しい冬を生き抜くため、野生動物も頑張っているんですね。

はせ

usaginotomeasi.jpg

posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

セッケイカワゲラ

sekkeikawagera2.jpg
つい先日覚えた接写でこの写真をとりました。このコースでよく見かける「セッケイカワゲラ」です。えっ雪の中に虫がいるの!?そうなんです。このこは、すごい生き物なんです。この子の体温を測った人がいるのですが、昆虫なので気温が0℃の時は0℃で、-10℃の時は-10℃なんですが、手のひらに乗せて測ろうとするとケイレンを起こしてしまって動けなくなってしまうのです。続きを読む

posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ニホンカモシカ

nihonkamoshika.jpg
今年は、1/4に撮影できました。そう、このカモシカ君は昭和9年に「天然記念物」に指定されましたが、その後は密猟者が絶えず、一時期は日本中で約3000頭までに減少したそうです。昭和30年には「特別天然記念物」に指定されました。そして、密猟者を摘発し、今は頭数を増やしています。そう、ツアーでは、よくこのニホンカモシカは何科の動物でしょうか?と聞いています。みなさんは、どう思いますか?・・・・・・・・・・答えはウシ科です。ほんと実際に会うとじ〜っとしてこちらを見ています。このあと近づいていったら逃げていきましたが、おしりもぷりぷりとしていてかわいいですよ。

posted by スノーシュースタッフ@フォレスト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動物観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする